花火

作词:Masato Odake

作曲:Hiroki Sagawa from Asiatic Orchestra (Vanir)

所属专辑:0~ZERO~

标签: 流行 爱情 寂寞 日语 黄昏 综艺

歌词

歌曲名 花火

歌手名 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

パ ッ と 咲い て

シ ュ ン と 散っ て

夜に 打ち 上げ ら れ た

恋花火二人

照ら し な が ら 広が る

零れ る 火の 粉は

せ つ な さ へ と 変わ っ て

私の 胸熱く 染め ま し た

誰が 悪い わ け じ ゃ な く て

そ れ は 夏の せ い で

あ な た を 想う 気持ち

熱を 出し ま し た

一瞬も 離れ て は

い ら れ な い ほ ど

会い た い

た だ ひ た す ら 会い た い

初め て 繋い だ 手の ひ ら に

こ み あ げ た 愛し さ が

逃げ て し ま わ な い よ う に

ど ち ら か ら と も な く

ギ ュ ッ と 手を 握っ た ま ん ま で

花火見上げ て い る ん で す

パ ッ と 咲い て

空に 咲い て

夜を 飾る 火花は

夏花火そ れ と も

恋の 炎で し ょ う か

あ な た の 心が 見て る

夜空に は 今

私が 綺麗に 咲い て ま す か

ど ん な 幸せ な と き も

少し 悲し い の は

私が あ な た

好き に な り す ぎ た せ い で す

こ の 夏が こ の 恋が

消え て し ま い そ う

会い た い

た だ い つ で も 会い た い

少し だ け 涼し い 夜風が

海岸を 吹き 抜け て

あ な た 髪が 揺れ て ま す

そ の 横顔に 映っ て い る

赤青黄色の 花火

消え ず に 燃え て い て

パ ッ と 咲い て

シ ュ ン と 散っ て

夜に 打ち 上げ ら れ た

恋花火二人

照ら し な が ら 広が る

零れ る 火の 粉は

せ つ な さ へ と 変わ っ て

私の 胸熱く 染め ま し た

あ な た に 会う た び

わ が ま ま に な り ま す

こ の ま ま

ず っ と こ の ま ま で

言葉な ん か 要ら な い

見つ め て く だ さ い

こ ん な に 溢れ て る

あ な た 好き で す

パ ッ と 咲い て

空に 咲い て

夜を 飾る 火花は

夏花火そ れ と も

恋の 炎で し ょ う か

あ な た の 心が 見て る

夜空に は 今

私が 綺麗に 咲い て ま す か

パ ッ と 咲い て

シ ュ ン と 散っ て

夜に 打ち 上げ ら れ た

恋花火二人

照ら し な が ら 広が る

零れ る 火の 粉は

せ つ な さ へ と 変わ っ て

私の 胸熱く 染め ま し た

展开