うたかた歌

作词:野田洋次郎

作曲:野田洋次郎

所属专辑:うたかた歌

标签: 酒吧 摇滚 励志 日语 温暖 混音版

歌词

歌曲名 うたかた歌

歌手名 RADWIMPS/菅田将暉

作词:野田洋次郎

作曲:野田洋次郎

夢中に な っ て の め り 込ん だ

も の が そ う い や あ っ た よ な

眠る の も 飯を 食う の も 忘れ 明け て も 暮れ て も

た だ 追い か け た

先な ん か 見え ず と も

む し ろ 見え な く て

余計に 追い か け て い っ た

そ ん な 道の ど 真ん 中で

君は 僕に ぶ つ か っ た

そ れ が 君の 運の 尽き

そ し て 僕の 運の す べ て で

一度も 眼を 見て

言え た こ と な い け ど

僕の 何分の 一で も

君は 幸せ で い た の か い

走る に は ど う や ら 命は 長す ぎ て

悔や む に は ど う や ら 命は 短す ぎ て

諦め る に は ど う や ら 命は 長す ぎ て

分か る に は ど う や ら 命は 短す ぎ る

ね ぇ や り き れ な い 夜だ け

君を 思い 出し て も い い か い

君の 手垢だ ら け の こ の 記憶だ け ど

ね ぇ 僕の も の で し ょ う

う ま く 笑え て い る か な

鏡の 前た し か め る け ど

お 前さ ん な ん て 情け な い

顔し て ん だ よ

笑う ど こ ろ か

危う く 涙し そ う で う つ む く ん だ

夢も 歌も 賽の 目も

い つ も 僕に は 冷た く て

ま る で 暖を と る か の

よ う に か ら 笑い を 繰り 返す

そ ん な 日々 だ け ど 君の そ の 笑顔は

僕を 温め た 身体の 芯か ら 優し く

何回か 先の 世で ま た 逢う か な

そ の 時ぶ き っ ち ょ な 顔は よ し て よ

僕は ま た 一か ら 君に 恋を

ど う 逆ら っ て も し て し ま う だ ろ う

そ し た ら 人生ま た ぎ で 特大の

い つ も の 憎ま れ 口を 聞か せ て

走る に は ど う や ら 命は 長す ぎ て

悔や む に は ど う や ら 命は 短す ぎ て

諦め る に は ど う や ら 命は 長す ぎ て

悟る に は ど う や ら 命は 短す ぎ る

ね ぇ や り き れ な い 夜だ け

君を 思い 出し て も い い か い

君の 手垢だ ら け の こ の 記憶だ け ど

ね ぇ 僕の も の で し ょ う

う ま く 笑え て い る か な

鏡の 前た し か め る け ど

「 お 前さ ん 顔を あ げ な よ 無理し て で も さ

似合わ な い だ ろ う お 前に 涙な ん か は 」

ど こ か ら と も な く あ の 人懐っ こ い 声が

聞こ え る だ ろ う

展开